So-net無料ブログ作成
検索選択

禁漁間近っ! [fly fishing]

禁漁間近で9/30まで後2回しか土日がないというのに、早起きもせずに9時に現地到着です。という訳で本日は木曽川支流黒川へやってきました。このやる気の無さが、どう釣果に反映するか見物です。あと新調したランディングネットに魂入れてやるのも目的です。
黒川は木曽川支流としてかなり有名なので伏せ字にする必要もないかと・・・[晴れ]
ただ自分も初めてだったので、どこから入っていいのか分からず測道をウロウロ。その黒川ですが、こんな感じの里川風というか里川です。
DSC06107.jpg
なんか今日は調子がいいぞっ!尺には届きませんが25cmを頭に次々とヒット。嬉しいっす!最近は手のひらサイズしか(それ以下だろ)釣ったことなかったもんで。
こんな流れの里川なのでバブルラインを見つけてそこをトレースしてって感じでした。カンカン照りで厳しいかなと思ったんだけどアマゴ達に遊んでもらえました。
DSC06100.jpg
DSC06083.jpg
DSC06102.jpg
DSC06103.jpg
DSC06104.jpg
DSC06106.jpg
もう婚姻色の入ったアマゴもいて秋も深まっていました。
そうそうランディングネットにも「魂」入ったし。いや「根性」入ったか。
使い勝手だけど、大は小を兼ねるとは本当でした。超軽くて長さもちょうど良くて、あみが大きくて気恥ずかしいが特大の魚を釣ればいいのだ。ハッハッハ!

これからfly fishingを始める方へ(ランディングネット編) [fly fishing]

たかがランディングネットされどランディングネット???
これは、だだのあみです。魚をすくうあみです。
このランディングネットほど、安くても高くても関係ないgoodsはないです。ただ、大きさや型に種類があります。2本並べてる写真がありますけど、大きい方の形状がストレート、小さい方がカーブって呼ばれてますけど見ればわかるか。後なんでカーブしてるかだけど魚が入って自分の方に持ってきた時に魚が横向きで見やすいからだそうです。でもすくい易いのはストレートかな。
そんでもって私つい昨日ランディングネットを新調してしまいました。写真の大きい方です。小さいのも欲しかったのですが「大は小をかねる」ということにして。
本日筆おろしに行ってきましたので使用感はそちらの記事で書きます。
※初めて使うこと、こっちの人なんて言っていたっけな「魂入れる」のは仏像だし、「根性入れる」も違うし「焼き入れる」のはカタナだし。なんだっけ思い出せん。

そうそう値段もピンキリあるしね2,000円から50,000円
image-20130921194336.png

image-20130921194347.png

image-20130921194358.png

これからfly fishingを始める方へ( goods編) [fly fishing]

image-20130919233952.png
おっこのベスト渋谷直人2013年モデルじゃんと分かった人は「通」です。
そうじゃなくてベストのポケット下に付いてる紐みたいな物と、これもまた胸の部分にあるこれも紐みたいな物の使い方です。
答えは下の写真のように使います。フライをチェンジするときロッドは脇に抱える方が多いですが、この紐はこうやって使うようにできています。古いベストには大抵付いていましたが最近は付かないものが多くなっています。この新しいベストには実は付いていませんでしたので嫁に頼んで作ってもらいました。
いわゆるカスタマイズってやつです。
結構大変だったみたいでリフォーム代金請求されてしまった。
image-20130919234005.png

image-20130919234025.png

image-20130919234036.png

これからfly fishingをはじめる方へ(小物編) [fly fishing]

この、これからfly fishingを始める方へのタイトルを多くの方に見ていただいているので思いついたことを追記しようと思います。(完全なる私見です!間違っている可能性大です!)
小物編(渓流)
リーダー、ティペットについてあれこれ
リーダーは同じ種類の物でも7.5ft-9ft-12ft-14ftとあり迷いますね。自分の場合は、行く渓流によって少しだけ変えています。里川みたいな上空に障害物がない時でも12ftまでにしてティペットを長くするようにしています。今流行のロングリーダーにはしていません。通常は7.5-9ftにしてティペットで調節しいます。その最大の理由はライントラブルを減らすためです。特に最初のうちはライントラブルが頻発するのでリーダーは短めがおすすめですし自分もそうしてます。リーダーは短い方が扱いやすいし、慣れてきたらティペットを5-7ftとれば十分逆U字にフライとティペットを流せます。
リーダーのブランドには特にこだわる必要ないと思います。(安い物で十分、1本200円代を探す。自分の場合kencubeの5本で780円を愛用中!必ずライントラブルするので毎回新品使用してます[わーい(嬉しい顔)]
リーダー規格は5か6Xにティペット6Xを標準にしています。最初はティペットも無理に長くせず1mくらいにして、ポイントの真下から投げるようにすればいいのです。流れを横切って投げようとしなければドラックはかからないと思います。
さて、だんだん確信にせまって参りました。ではティペットはどうしたらいいのでしょう?これも種類がたくさんあって迷いますね。
渓流でドライやニンフ程度ならフロロカーボンは必要ないので素材はナイロンに限定します。
私の超私見ですが、フライ専用のものは必要ないです。専用品だと30mで1,000ー1,500円と高額で安くても30mで500円はします。では強度はというと、むしろ他のつり用の方が引っぱり強度は高いです。
特に強いのがこの外見ダサダサの「レブロン」0.5号。市価で50m630円
iphone/image-20130912202955.png
これは他社の0.6号以上の強さがありお気に入りです。フライ用のティペットはセールもなく値引きしてくれませんが、この「スペクトロン」
iphone/image-20130912202940.png
なんかは定価2,200円しますがワゴンセールで1,000円で買いました。この他にもへらぶな用なんかは型落ちセールをよくしてますから狙いめです。0.6号で6Xですからお忘れなく。
自分は見た目にこだわらない方なので変なティペットを多様してます、しかしフライフィッシングは「かたち」が重要なのでブランドにこだわりたい方はktyがおすすめ、このブランドが強いです。
iphone/image-20130912202927.png
やっぱスプールがかっこいいよな〜

SIMMSのネクタイ [お買い物]

SIMMSってネクタイも売ってるんですなあ〜!ヤフオクでフライ用品見てたらありました。
トラウト柄が気に入って即決オールシルクで2980円。

image-20130904171122.png

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。